熊本市立熊本博物館

閉じる

特別展「銀河鉄道の夜 -KAGAYA 星空の世界展」のお知らせ


国内をはじめ欧米・アジアの累計100館を超えるプラネタリウムで上映され、観客動員数100万人突破という金字塔を打ち立てたKAGAYA studio制作「銀河鉄道の夜」。

その「銀河鉄道の夜」関連作品を中心に、イラスト・プラネタリウム番組・星景写真など様々な表現で宇宙・星空の世界を描くアーティストKAGAYA(カガヤ)氏の作品を紹介します。

また、会期中にはプラネタリウムにてプラネタリウム番組「銀河鉄道の夜」の投映を行います。

 

 

 

開催概要 「KAGAYA」プロフィール 展示内容

 

物販情報  プラネタリウム 注意事項

 



<開催概要>

会期 令和3年(2021年)7月17日(土)~9月5日(日)

   ※月曜休館(月曜が祝日の場合は開館、翌日休館

会場 熊本博物館2階(特別展示室1・2・3)

料金 大人500円(団体400円) 高・大学生400円(団体300円) 

   小・中学生300円(団体200円) ※団体料金は30名以上から適用

  (別途、博物館入場料が必要です)

主催 KAGAYA星空の世界展実行委員会(熊本博物館・KAB熊本朝日放送)

後援 熊本県教育委員会・熊本県博物館連絡協議会・熊本県文化協会・熊本国際観光コンベンション協会・熊本日日新聞社・FMK・FM791

※新型コロナウイルス感染拡大状況によっては、会期等を変更する場合がございます。最新情報は博物館HP等で随時お知らせいたします。

 


<KAGAYAプロフィール>

  プラネタリウム映像クリエイター・CG作家・星景写真家

KAGAYAプロフィールHP.jpg

1968年、埼玉県生まれ。Twitterのフォロワーは約85万を超える星空写真家。プラネタリウム番組「銀河鉄道の夜」が世界中で大ヒットし観客動員100万人突破という金字塔を打ち立てるなど、プラネタリウム映像クリエイターとしても活躍。絵画制作をコンピューター上で行う「デジタルペインティング」の世界的先駆者でもある。天文普及とアーティストとしての功績をたたえられ、小惑星11949番はkagayayutaka(カガヤユタカ)と命名されている。

 

【公式HP】  【Twitter】  【Facebook】 【Instagram】


<展示内容>

人気の「Starry tales]などのデジタルペインティング作品を集めたCHAPTER1、
プラネタリウム「銀河鉄道の夜」のイラストなど、
プラネタリウムと連動しより深く作品世界を味わえるCHAPTER2。
そして、壮大な風景、美しい星空を泊直のパネル展示で楽しめるCHAPTER3。
豊富な天文知識と卓越したアートセンスで、宇宙と神話の世界を描く
KAGAYAが厳選した作品展をお楽しみください。

image.png

 

また、本展では作品の写真撮影をすることができます。

SNS投稿も大歓迎!ハッシュタグ #kagaya熊本 で思い出をシェアしましょう!!

 

★「ジョバンニの座席」での記念撮影もおススメです★

ジョバンニの座席_R3B2041.jpg


<物販情報>

会場ではKAGAYA関連グッズの販売を行います。

お気に入りの作品のグッズも見つかるかも!?自分用はもちろん、お土産やプレゼントにもおすすめです。

※特別展に入場されない方もご購入いただけます。

 


<プラネタリウム>

「銀河鉄道の夜 -KAGAYA星空の世界展」の開催に合わせ、プラネタリウムでは

KAGAYA studio製作「銀河鉄道の夜」の投映を行います。特別展と併せてお楽しみください。

 

番組の概要についてはコチラをご確認ください。

 

※プラネタリウムの観覧には別途、プラネタリウム観覧料が必要です。

※新型コロナウイルス感染症対策のため、プラネタリウムの定員を制限しての投映を実施いたします。そのため、

 土日やお盆にはプラネタリウムの混雑が予想されます。観覧をご希望の方はお早めにご来館ください。

ロゴとビジュアル.jpg

 


<注意事項>

・ご来館の際は、マスク着用や手指の消毒など感染症予防対策にご協力をお願いいたします。新型コロナウイルス感染拡大状況によっては、会期等を変更する場合がございます。

・新型コロナウイルス感染拡大状況に応じ、混雑回避のため入場制限を行う場合がございます。ご了承ください。

 


ページ先頭へ