熊本市立熊本博物館

閉じる

スタッフ紹介

【学芸スタッフ】(学芸班)その1

主査/学芸員(動物)清水 稔(しみず みのる)

専門は動物生態学(すべての動物担当)。物心ついた頃よりあらゆる動物に興味を持ち、ずっと「昆虫学者になる!」と言っていましたが、小5で釣りを覚えてから興味の中心が魚にシフトし、現在に至ります。

清水 稔

研究員(理科教育)山口 均(やまぐち ひとし)

写真は、担当している子ども科学・ものづくり教室で静電気をテーマに電気コップを作り、子どもたちと一緒に「百人おどし体験」をしている一場面です。日々、「不思議の種まき」や「学校と博物館との連携促進」のためのプログラムを考え、実践と改善に努めています。超アナログ人間!

山口 均

学芸員(民俗)福西 大輔(ふくにし だいすけ)

専門は民間信仰(人神信仰・産育祈願・水神信仰)・農機具(近代短床犂)。明治から昭和にかけての暮らしや生活に関わる道具を博物館では展示紹介しています。

福西 大輔

学芸員(歴史)木山 貴満(きやま たかみつ)

熊本博物館では割と珍しい(?)県内出身者です。食べるのも飲むのも大好きですが、中性脂肪やコレステロール値が気になるこの頃です。節制に努めながら、熊本市の歴史研究に精進してまいりたいと思います。

木山 貴満

学芸員(美術工芸)竹原 明理(たけはら あかり)

絵画から刀剣まで美術資料全般を担当をしています。あまり知られていない作品なども紹介していきたいと思います。猫がいます。

竹原 明理

学芸員(植物)山口 瑞貴(やまぐち みずき)

熊本の豊かな自然や植物を1人でも多くの方に興味を持っていただけるような活動を目指してまいります。博物館の隅っこでひっそりと植物を育てることにも挑戦中です。植物のおもしろさや魅力を多くの方にお伝えできるよう頑張ります。

山口 瑞貴

学芸員(地質)南部 靖幸(なんぶ やすゆき)

重たいハンマーを携えて、いつもうつむきがちに地面ばかりを見て歩いている、くまはくの”いしころがかり”です。得意な化石や古生物以外にも、岩石、鉱物、火山など、大地に関するさまざまな話題をご紹介します!

南部 靖幸

ページ先頭へ