熊本市立熊本博物館

閉じる

ごあいさつ

新館長就任のご挨拶

 この度、熊本博物館 館長に就任いたしました坂本でございます。

 どうぞよろしくお願い申し上げます。

 当館は、自然系・人文系資料を有する郷土の博物館として昭和27年(1952年)に設立され、

いくつかの変遷を経て昭和53年(1978年)、故・黒川紀章氏の設計により現在の地(中央区古

京町)に本館が新築移転しました。その後、約40年にわたり熊本の自然や歴史に関する博物館

活動を行ってまいりましたが、施設の老朽化や社会変化による展示技術の向上に伴い、平成27

年(2015年)より大規模改修工事に着手し、平成30年(2018年)12月にリニューアルオープ

ンしました。

 リニューアルオープンした熊本博物館は『未来へつなぐ熊本の記憶  集める・伝える・創造する』

をテーマに、これまで長年にわたり築かれてきた「広域情報型・市民開放型・郷土立脚型・人間密

着型の博物館」の4つの基本理念を踏まえながら、さまざまな活動を展開しております。

 今後も、長年蓄積された熊本の歴史や文化、人と自然との深いかかわりを楽しくわかりやすく伝

え、幅広い年齢層の市民・県民の皆さまをはじめ、国内外から訪問される多くの方々にも「愛され、

親しまれる」博物館を目指して職員・スタッフ一同、精進してまいります。

 結びに、これまで熊本博物館の運営に携わって来られた多くの諸先輩方および関係者の皆さまに

敬意を表しますとともに、これまでにご来館いただいたお客さま方に心から感謝を申し上げ、就任に

あたってのご挨拶といたします。

 

令和5年(2023年)8月

 熊本博物館長 坂本 康祐     

ページ先頭へ