熊本市立熊本博物館

閉じる

2月11日(土・祝)〜3月19日(日)企画展「熊本城と明治維新 ー藩から県へ、そのとき城は?ー」

HPバナー書出.jpg

熊本城は加藤清正が築城した天下の名城です。寛永9年(1632)以降は、熊本藩細川家の軍事的・政治的拠点として重要な存在でした。

しかし、明治維新という巨大な変革は、近世城郭や大名家のあり方に大きな変化をもたらし、廃藩後、諸大名は城からの退去を余儀なくされます。

明治維新によって、熊本城や細川家はいかなる変容をせまられたのでしょうか。また、江戸時代の熊本城内で保管されていた甲冑や古文書の行方とは。

本展では知られざる熊本の明治維新を、多くの初公開資料を含んだ古文書や絵図から明らかにします。

本展は、熊本博物館、熊本大学永青文庫研究センター、熊本大学附属図書館の三機関が連携して開催する、初めての企画展です。

 

【会期】 令和5年(2023年)2月11日(土・祝) 〜 3月19日(日)

     開館時間:9:00〜17:00

     月曜休館

【会場】 熊本博物館 特別展示室1・2

【主催】 熊本博物館

【特別協力】 熊本大学永青文庫研究センター、熊本大学附属図書館

【観覧料】 熊本博物館常設展示入場料のみ

      大人400円(320円)、高・大生300円(240円)、中学生以下200円(160円0

     ※( )内は30名以上の団体料金。未就学児は無料。

【関連イベント】

     講演会「深掘り解説!熊本城と明治維新」

     日時:2月18日(土) 14:00〜15:30

     定員:30名程度(事前申込制)

        ※応募者多数の場合、抽選となります。

     内容:熊本の明治維新について、展示担当者3名が最新の研究成果などを解説します。

     場所:熊本博物館1階 講堂

     申込:熊本博物館HP(「お申し込み」→「イベント申し込みフォーム」)より申込

     講師:三澤 純(熊本大学文学部准教授)

        今村直樹(熊本大学永青文庫研究センター准教授)

        木山貴満(熊本博物館学芸員)

 

ページ先頭へ