熊本市立熊本博物館

閉じる

 

 

 

 

季節の星空(春)

季節の星空(春)

◆春の星空の見どころ

 

★春の大曲線
春の星座は、北の空高くに輝く北斗七星からたどっていきましょう。
『熊の腰からしっぽ』や『ひしゃく』などに例えられる北斗七星。その『ひしゃくの持ち手』のカーブにそって目を移すと、うしかい座の11等星アークトゥルスから、おとめ座の1等星スピカにつながります。このカーブを”春の大曲線”と呼んでいます。


★春の大三角
うしかい座のアークトゥルス、おとめ座のスピカ、しし座の尾の先にあたる2等星のデネボラを結んでできる大きな三角形を春の大三角と呼んでいます。


★北極星の見つけ方
北斗七星の『ひしゃくの口』の二つの星(おおぐま座のα星とβ星)を結んで、β星からα星の方に、その間隔を5倍ほどのばすと、北極星が見つかります。
 

spring-map.jpg

★この春の話題
 3月上旬から4月上旬にかけて、明け方の南東の空で明るく輝く3つの惑星、火星・木星・土星を見つけることができます。さらに、3月18日~19日の明け方には3つの惑星の近くに月も輝きます。少し離れた東の地平線近くには水星も見えているので、惑星観測のまたとない機会となるでしょう。 
 今年の『こと座流星群』は4月22日午後1時に極大を迎えます。極大の時間は昼間ですが、21日・22日の夜は月明かりの影響を受けずに流星探しを楽しめるので、昨年よりも多くの流星と出会うことができるでしょう。


★月のこよみ

新月…3月24日 4月23日 5月23日
上弦… 3月3日  4月1日  5月1日 5月30日
満月…3月10日  4月8日  5月7日 6月6日
下弦…3月16日 4月15日 5月14日 6月13日


 

 

ページ先頭へ